椅子の座り方のマナーは出入りの仕方も覚えてこそ美しくてスマート

椅子のマナーはトータルで覚えよう

皆さん、椅子の座り方にもマナーがあることをご存知ですか? 

椅子の座り方レッスンといえば、座っているときの姿をいかに美しく見せるかに特化したイメージをお持ちの方も多いことでしょう。でも、当スクールでは、美しく見える座り方はもちろんのこと、椅子に関するマナーをトータルでお伝えします。

たとえば、脚をガバっと広げて座ろうとしたり、立ち上がりしなに「よっこらしょ」とお尻を突き出してしまったりするのはいただけません。どんなに座っている姿を美しく見せても、とたんにイメージダウンしてしまいます。

 

 

椅子の出入りの仕方

皆さんが意外にご存じないのが、「椅子の出入りの方向」です。

実は、「椅子の出入りは左側から」という基本マナーがあります。

これはプロトコールマナー(簡単に言うと世界共通のマナー。国際儀礼とも言います)の5原則のうちのひとつ「右上位」に則ったもの。

・椅子の右側は、右に座っていらっしゃる目上の方の通路として空けておくこと(右側に出て目上の方とぶつからないように)

・自分は、下座である左側から出入りするということ

このポイントをしっかりおさえておきましょう。

乾杯のときの立ち位置

パーティーや結婚式の披露宴などで、乾杯をするときにも椅子から立ち上がることが多いはず。このときも、椅子の左側に立つようにしてください。

サミットなどにおける乾杯では、さすがマナーを心得ている各国首脳陣は全員が椅子の左側に立たれます。ところが、私達一般人はこういうマナーを知らない方が多いので、思い思いに椅子の右に出たり左に出たりしがち。その結果、1つの通路に2人が立って、ぶつかりそうになったり狭苦しい思いをする羽目になります。

乾杯のときの立ち位置は、ぜひとも多くの方に知っておいていただきたいマナーのひとつです。

 

ただ、お店の構造やテーブルの配置によっては、左側が壁になっていたり、狭すぎてとても立てない場合もあります。

そんな時はどうすればいいか!?

これはもう、右から出入りするしかありません。

関連記事

  1. 色々な使いみちがあって便利な懐紙どこに売っているかご存知ですか

  2. 上品に美しく振る舞える女性に贈る最上級のほめ言葉は「エレガント」

プロフィール

プロフィール

奈良市の大和西大寺駅近くで、「フェリーチェ・フィニッシングスクール」を主宰する弓場 節です。

1960年生まれの58歳。マナー講師だけでなく、ミセスモデルとしても活動中。

★詳しいプロフィールはこちら★

アメブロ更新中

お問い合わせはこちら